ブックタイトル研削工具 GRINDING TOOLS vol.18 │ 岡崎精工株式会社

ページ
32/40

このページは 研削工具 GRINDING TOOLS vol.18 │ 岡崎精工株式会社 の電子ブックに掲載されている32ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

研削工具 GRINDING TOOLS vol.18 │ 岡崎精工株式会社

30Data技 術 資 料技術資料 Data[3]ボンドの種類についてVariety of Bond◎ボンドの種類Variety of Bond◎超砥粒ホイールの種類とその特性ボンドBond特    徴featureレジンボンド(B)Resinbond熱硬化性フェノール樹脂を主体とする結合剤です。レジンボンドは、加工能率に優れ、良好な仕上げ面が得られます。このボンドは、超硬合金の研削に最も多く使用され、セラミックス、サーメットなどの仕上げ研削にも使用されています。最近ではフェノール樹脂よりも耐熱性に優れたポリイミド樹脂を使用したボンドも多く用いられています。This bond consist of Thermosetting phenolic-resin mainly. Resinbond wheel shows high efficiency grinding, and fine finish. Thisbond is mostly used for the grinding of Cemented Carbide, and finishing operations of Ceramics and Cermet. Recently adoptingPolyimidebond which has good heat resistance above Resinbond.ビトリファイドボンド(V)Vitrifiedbond陶磁器、ガラスなどの無機質の結合剤で、レジンボンドとメタルボンドの中間に位置する耐摩耗性をもち、有気孔組織により良好な研削性が得られます。This bond consist of inorganic materials such as Porcelain, Glass and so on. Shows wear resistance between Resinbond andMetalbond .Porous structure brings fine cutting sharpness.電着(P)Electroplated電気メッキ法(一般的にニッケルメッキ)により砥粒を台金に固定する方法です。台金の形状にそって砥粒が電着されるため、複雑な形状のホイールも製作が可能となります。電着はレジンボンドなどに比べて、砥粒が高密度でしかも突出量が大きいため、非常に良い切れ味が得られます。また電着は、砥粒層が一層だけのため寿命は他のボンドのホイールに比べると短くなりますが価格が安く再電着も可能です。Abrasive grain fix on core materials by electric plating method, It is possible to make a complex shaped wheels. Large stick out of grainbrings excellent cutting sharpness. Electroplated has only one layer therefore tool life is short, but it is low cost and possible to replating.メタルボンド(M)Metalbond銅、スズ、ニッケル、鉄、タングステンカーバイトなどの合金を混合した結合剤です。レジンボンドに比べ、砥粒の保持力が強く耐摩耗性に優れ、コンクリートや石材の切断、水晶、半導体、セラミックスなどの精密切断に使われるほか、ガラスやフェライトなどの研削、ホーニング等に使われています。This is mixed bond from Copper, Tin, Nickel, Iron, Tungsten Carbide and so on. Compared to Resinbond, Metalbond provides stronglyretains the abrasive grains and high wear resistance. Metalbond wheel applications to cutting of Concrete and Stone, and accuratecutting of Crystal, Semiconductor materials and Ceramics, and grinding operations of Glass and Ferrite, and honing operations.ホイールの種類ボンド材料・製法ボンドの特性ホイールの構造ツルーイング方法ドレッシング方法ホイールとしての特徴ホイールの用途レジンボンドホイール熱硬化性樹脂加圧・加熱下で樹脂を硬化弾力性 大研削熱により砥粒保持力低下フィラーにより改質可ボンドマトリックスタイプインプリダイヤモンドドレッサツルーイングブロックツルーイングバーWA スティックGC (#220G)遊離砥粒(WA #120)ソフトな使用感工具研削、金型の研削、機械部品の研削などビトリファイドボンドホイール磁器質?ガラス質650?950℃で焼成砥粒保持力 大剛性 大耐熱性 大ボンドブリッジタイプ単石ダイヤモンドドレッサロータリードレッサーツルーイングブロックツルーイングバー高精度加工 可仕上げ面 良耐久性 大総形ホイール 可精密研削、総形研削などあらゆる研削電着ホイール金属メッキ砥粒保持力 大一般に台金に単層で固定一般には行わない総形ホイール極小ホイール輪付きホイール、電着リーマ、総形研削メタルボンドホイール金属粉末金属を焼結剛性 大砥粒保持力 大ボンドマトリックスタイプインプリダイヤモンドドレッサWA スティックGC (#220G)耐久性 大形くずれしない溝入れ研削、ホーニングなどブレーキツルアGC砥石研削●当社では電着ホイール、メタルボンドホイールは取り扱っておりません。 In our company, don't deal with Electroplated wheels and Metalbond wheels}}